ハイスクールジャパンカップソフトテニス2020都道府県予選会等について

新型コロナウィルスの影響によりハイスクールジャパンカップソフトテニス2020の各都道府県予選が開催できなくなった。あるいは延期したが、開催の見込みが立たないとの問い合わせが複数寄せられております。

ついては、現在の方針としては下記のとおりですので、ご確認ください。

1.参加申し込み締め切りは、予定どおり4月末日といたします。
※大会プログラムの編集、校正等を逆算すると、締め切り期日を遅らせるとこれらの作業が間に合わなくなる恐れがあるためご理解ください。

2.締め切りまでに予選会ができない場合は、以下の通り取り扱いすることを認めます。
各都道府県連盟において、選手や関係者に誤解を招かない明確な基準(大会成績、ランキング、ポイントなどの明確なもの)をもって選考することを条件に予選会以外による代表選出を認めるものとします。
今回は非常事態であり、都道府県によって新型コロナウィルスの感染拡大による影響や対応に違いが生じていること、また、地域環境にも違いがあり、申込期限を単純に延長するだけでは問題の解決にならない状況にあることから、特例的な対応とするものですが、都道府県代表の選出にかかる説明責任については、各都道府県連盟の責任によりお願いいたします。

3.札幌での本大会の実施可否について
コロナウィルスの影響による開催可否の判断については、遅くても5月22日(金)までに決定いたします。
ただし、国や日本スポーツ協会、日本ソフトテニス連盟、その他の指導により今後のスポーツイベントに対する方針が明確になった場合は、5月22日を待たずに判断する場合があります。その際は、ホームページ並びに各都道府県連盟を通じてご連絡をいたしますので、あらかじめご了承ください。

※新型コロナウィルスの影響により、各都府県や学校現場も大変苦慮をされていることとは存じますが、現在、当連盟にさまざまな問い合わせが殺到しており、事務局業務にも支障をきたしていることから、特段のご理解・ご配慮をお願い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする